すぐに借りれる

MENU

消費者金融はすぐに借りれる

すぐに借りれるローンをお探しということは、何らかの支払いで急いでいると思います。

 

私も初めてお金を借りたときは支払い期日の前日で、本当にすぐに借りれるのか心配でした。

 

すぐに借りれるかチェック!

すぐに借りれる.xyz

 

支払いに間に合うかとても不安でしたが、その日のうちにお金を借りれてホッとしました。

 

その方法は、大手消費者金融のローンです。具体的には、プロミスアコムモビットアイフルなどですね。

 

ネットから申込みできて、スピーディーな審査で即日融資に対応しているので、本当にすぐに借りれるんです。※1

 

(※1 申込む時間帯や審査状況によっては、翌日以降になることもあるので注意が必要です。)

 

<大手消費者金融>

プロミス
プロミスの紹介
アコム
アコムの紹介
モビット
モビットの紹介
アイフル
アイフルの紹介

 

詳細は各ページに書いています。

 

プロミスとモビットは三井住友銀行グループで、アコムは三菱東京UFJ銀行グループです。

 

アイフルだけは銀行グループに入っていません。

 

でもカードローンでお金を借りるためにはカードが必要なので、すぐに借りれるのって不思議に思いませんか?

 

私も最初、そう思っていたのですが、カードローンでも振込キャッシングが可能ですし、カードはその日のうちに無人契約機などで受け取ることが可能ですから、お金をすぐに借りれるわけなんです。

 

では、どのくらいの時間なら、その日のうちに借りれるのでしょうか?

 

すぐに借りれるかチェック!

 

振込キャッシング

契約ができれば、カードを受け取らなくても銀行口座への振込みをしてもらうことですぐに借りることができます。

 

一般的には、午後3時までなら銀行はオンラインでつながっていますので、その日のうちの振込みになりますよね。

 

午後3時までに振込依頼するとなると、午後2時までに契約が完了していることが目安となります。

 

しかし、もし午後3時を過ぎていても、消費者金融が指定する銀行の口座を持っていれば、ネットバンキングで24時間振込可能な場合もあります。

 

審査業務は夜の9時か10時ごろまでやっていますので、そういう口座を持っているなら夕方の申込みでも、すぐに借りれる可能性はあります。

 

ちなみに、24時間振込対応しているのはプロミスとアコムです。

 

プロミスならジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座を持っていれば24時間振込可能となっています。

 

また、アコムの場合は楽天銀行の口座を持っていれば24時間振込可能です。

 

どちらも契約ができたら、上記振込口座の登録をした上で、振込依頼をすればすぐに借りることができます。

 

プロミスの詳細

 

アコムの詳細

 

 

振込ですぐに借りれる

 

ATMキャッシング

契約ができると基本的には郵送でカードが送られてきます。

 

でも自宅などでカードを受け取るのは、すぐに借りれないし、家族に知られるのではないかと心配になりますよね。

 

そこで、契約をするときに受取方法を無人契約機などにすると安心です。

 

しかも、無人契約機はだいたい夜の9時か10時まで開いていますので、その日のうちにカードを受け取って、その場でATMキャッシングすれば、すぐに借りれるワケです。

 

最初から無人契約機から申込むことも可能ですが、必要事項の入力とか必要書類のスキャンとか時間がかかりますので、すごく焦りますから、申込みはネットからやるほうが落ち着けて良いと思います。

 

ネットで申し込んで審査通過か契約できれば、無人契約機で契約してカード受取という手順になります。

 

近くに無人契約機などがあるのなら、夜8時くらいまでに契約ができれば、その日のうちに借りれますよね。

 

モビットは無人機にATMがありませんが、プロミス、アコム、アイフルはATMが併設されていますので、その場ですぐに借りれます。

 

もちろんコンビニの提携ATMでも、すぐに借りれるのですが、手数料が必要となっています。

 

ちなみに、プロミスは「無人契約機」か「三井住友銀行のローン契約機」でもカードを受け取ることができます。

 

アコムは審査通過後、「むじんくん」で契約してカードを受け取ることができます。一部の三菱東京UFJ銀行にもアコムの自動契約機が設置されています。

 

アイフルはネット契約後、「無人契約でんわBOX」でカードの受取りが可能です。

 

郵送物なしも可能

 

ATMですぐに借りれる

 

すぐに借りれる.xyz

 

このように、基本的には14時までに契約を完了していると確実なので、審査時間や契約(ネットでできます)までの時間を考えると午前中に申込みをすれば、すぐに借りれる確率が高くなります。

 

24時間振込対応の銀行口座を持っているか、カードを無人機で受け取るのなら、夕方までに申し込めば、すぐに借りれる確率は高くなりますよね。

 

いずれにしても、審査に必要な書類(本人確認資料や収入証明書)の不備などで時間が過ぎないようにすることが肝心です。

 

消費者金融の場合は、50万円を超えるか、他社の借入残高とあわせて100万円を超える場合は収入証明書が必要となるので注意しましょう。

 

消費者金融比較

 

-目次へ-

銀行はすぐに借りれる?

今では消費者金融もカード型のローンが主流ですが、もともとカードローンは銀行の呼称でなないでしょうか。

 

そして最近の低金利時代に、銀行も利益が大きく見込めるカードローンに力を入れていますよね。

 

銀行の特徴としては、消費者金融の金利がが17%〜18%なのに対して、銀行は14%〜15%と少し低金利であることでしょうか。

 

その分消費者金融に比べれば審査が銀行のほうが少し厳しいと言ってよいでしょう。

 

ただネット銀行は消費者金融と変わらない金利設定のところが多いようです。

 

しかし、すぐに借りれるかどうかを考えたときに、銀行も以前は最短即日融資をうたっていましたが、最近はなかなかそうもいかないようですね。

 

やはり審査に時間がかかるのがあるのかも知れませんが、私の経験上は午前中に申し込んでも翌日に電話連絡がありました。

 

ですから、申込んですぐに借りれるローンということであれば、銀行より消費者金融のほうが確率は高いと思います。

 

もちろん、銀行や消費者金融に限らず、一度契約してしまえば、いつでもどこでも利用限度額の範囲内で借りれるので、必要な時にすぐに借りれる状態にしておけますけどね。

 

すぐに借りる方法

 

-目次へ-

ローンカードとは?

クレジットカードを持っていてキャッシング機能が付いているのであれば、必要なときにATMですぐに借りれますよね。

 

しかし、クレジットカード会社もローン専用のカードを発行しているところがあります。

 

ですから、ローン専用カードはショッピング用のカードと分けるためか、ローンカードと呼んでいます。

 

一般的に消費者金融や銀行もローンカードであることに間違いはないと思いますが、呼び方としては「ローンカード」はクレジット会社の商品と思ってよいでしょう。

 

また、ネット銀行や消費者金融には、カードを発行しない振込専用のローンもあります。

 

消費者金融ではモビットとプロミスがカードレスのサービスをやっています。

 

カードレスのメリットは、郵送されて家族に見られたり、財布の中に入れているのを誰かに見られたりすることなく、盗難や紛失の心配もないということでしょうか。

 

プロミスの詳細

 

モビットの詳細

 

カードレスも可能

 

 

そのようなカードなしのローンの場合は、キャッシングローンという呼び方をしている銀行もあります。

 

名称は何にせよ、カードのありなしはATMでのキャッシングができるかどうかの違い以外は、ほぼ同じサービスと思って良いでしょう。

 

ショッピングもキャッシングもできるクレカにしても、ローン専用カードにしても、持っておけば必要なときにすぐに借りれるので便利ですね。

 

-目次へ-

よくある質問

すぐに審査してもらえるのですか?

ネットから申込んだ場合、申込順に審査をしてもらえますが、申込状況によっては順番待ちになります。

 

でも、すぐに審査をしてほしい場合には、ネットからの申込の後に電話を掛けるという方法があります。

 

もちろん電話が混み合って繋がらなければ意味がないのですが、オペレーターに繋がれば、急いでいる旨を説明すれば優先的に審査をしてもらえる可能性が高いです。

 

ホームページにも、「急いでいる場合には電話をしてください」という旨を記載している消費者金融もありますからね。

 

あとは早く審査完了してもらうためには、申込時に正確な情報を記入することと、借入希望金額を50万円以下にすることです。

 

50万円(他社借入がある場合は合わせて100万円)を超える場合は、審査も厳しくなりますし、収入証明書の提出が求められるので、その分時間がかかりますからね。

申込み時のチェック

 

振込とATMのメリット・デメリットはありますか?

すぐに借りれるという点でいうと、ネットで依頼のできる振込キャッシングのほうが早いですよね。

 

でも通常の振込は平日15時までという制約があるので、24時間振込サービスが受けれない場合は、ATMキャッシングのほうがすぐに借りれることになります。

 

現金が必要なのか、口座にお金が入れば良いのかによっても、どちらが良いかは違ってきますよね。

 

現金が必要なら、振り込んでもどうせキャッシュカードで引き出さないといけないので、ATMキャッシングのほうが手間が省けます。

 

銀行口座にお金が必要なら、外出しなくて良い振込キャッシングのほうが絶対に便利ですよね。

 

今現在の時刻、持っている銀行口座、無人契約機などのロケーションなどによって変わってきます。

すぐに借りる方法

 

カードレスにしようか迷ってます

カードがある場合でも振込キャッシングはできますから、いろんな便利さを考えるとカードレスよりもカードを持っておいたほうがいいです。

 

例えば、追加返済をしたいときにATM取引なら206円の手数料が、振込返済だと利用する銀行によっては648円とか必要になりますからね。

 

外出中にお金が必要になったときも、ATMキャッシングですぐに借りれるのはとても便利です。

 

カードレスにするメリットは、紛失する心配がないことと、持っていることを誰かに見られるリスクがないということですね。

 

便利さを取るか、セキュリティを取るかという判断になるでしょう。

カードレスも可能

 

誰でも借りれるのですか?

消費者金融はだいたい、年齢制限はあるものの、安定した収入があれば申し込むことができます。

 

ですから、学生であっても主婦であってもパートやアルバイトで毎月一定の収入のあるヒトなら借りれるのです。

 

ただ、銀行では配偶者の収入があれば借りれるローンもあるようですが、消費者金融は本人に収入がないと借りることができません。

 

-目次へ-